読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食わず嫌い記録

NEWSは楽しい、NEWSは幸せ

NEVERLAND〜怒涛の宮城遠征編〜

これは全くもって行く予定がなかったNEVERLAND宮城公演に直前で滑り込んだ、ど新規増田担と連れていってくれたシゲ担Cさん(なかなかクレイジーなお方)の全記録である。とにかくジャニオタとしてレベルアップしたことは否めないので記録として残しておこうと思う。

 

 

4/13(木)

確かあの日は…そうそう、ベストジーニストの投票フォームがRTで回ってきて、お友達と「どのデニム姿の増田さんがステキか」って話で盛り上がってたんですよね。

ちなみに私はあの夏のブラックデニムとレタクラのデニム姿をゴリ押ししてるんですけど。

f:id:AmeAme:20170423163127j:image f:id:AmeAme:20170423163226j:imagef:id:AmeAme:20170423214558j:image

うっ…好き…

このモノクロマスタイリングがとにかく好き。ダメージ加減も、デニムがブラックなところも胸元の空き具合もヘアスタイルも完璧な一枚。

膝小僧が出る、重たそうなダメージデニムを着こなすそのどっしり感がたまらなく好きなんですけど、あの夏のレタクラデニムシャツ姿はスイカを食べてる増田さんをうちわで扇いであげながら横顔眺めたくなる爽やかさじゃないですか?????(早速脱線)

 

そんな時でした。日頃からお世話になっている大好きなシゲ担CさんからのLINE。

 

「あめさん…今週末の宮城公演来れる…??」

 

…なんだって????

NEVERLAND札幌公演の後、各地の遠征状況を調べ上げ、宮城が立地的に行きやすいってことを突き止めて

「宮城行けばよかった〜来年は絶対行きたい〜」と漏らしていました。チケツイとかではなく、ほんと、「行きたかったなぁ〜」って気持ちを吐き出してただけなんだけど。

そんな時に舞い込んできたお誘い。やむを得ない事情で全公演一枚空きが出たとのこと。

今回チケ業務で色々あったCさんの「初のNEVERLANDだから知ってる人と行きたい」と言う気持ちを痛いほどわかっていた私。

だ!け!ど!とにかく急。近いとは言いつつも、地元公演以外は飛行機必須なところにいるのでまず飛行機取れるかどうか…ってか私土曜日仕事じゃないの…??そもそも日曜日ちゃんと帰れる?急に月曜休むとかは厳しいぞ…???

ありとあらゆるパターンを考え、遠征慣れしているお友達に相談したり一応他のお友達も当たってください…と諦めかけたり。。。

 

でも行きたい。なんとしてでも行きたい。

私はCさんがぶちのめされるであろうシゲソロの後、しっかりと支えてあげたい。ってか普通にもう一回NEVERLANDで増田さんに会いたい!!!!!!!!!

 

4/14(金) 

朝の挨拶もそぞろに後輩へ打診。

「めっちゃ急で本当に申し訳ないんだけど…明日…昼からの残り代わってもらえる…??」

「あ!大丈夫ですよー!!」

後輩、マジか!!!!あんなに普段叱り飛ばしてるのに!!??

「え、ほんとに!?大丈夫!?いいの!?」

となんども確認し、その度に大丈夫だと言う後輩に全てを託し、頃合いを見計らってトイレへ駆け込みCさんへLINE。「行けます!!!!!」と。

御察しの通りその後は一切仕事に身が入らず、「飛行機まだ取れるかな…」「てか土曜日昼まで仕事してから空港…??どんなに急いだところで搭乗20分前につくかどうかも危うい…」

気持ちの90%は不安に支配されていましたが、10%の行きたい気持ちが私を突き動かし、仕事終わり、夜になってから行きも帰りもギリッギリの飛行機を抑え、空港の駐車場を予約、初日夜の牛タンを抑え、シャトルバス、二日目の駐車場をローチケにてゲット。オタクってその気になればなんでもできるんだな…

全ての予約業務のあと、荷造りを開始するもその日は金曜日。マスヒツ聞きつつその直後のネタパレを堪能し、就寝。

 

4/15(土)

定時ぴったりで職場を出発しないと飛行機に乗り遅れるのでいつもより早めに仕事へ行き、みんなの仕事を片付け始める。先輩も同期も「なんでこんな早く来た!?」って驚いてたけどね。帰りたいんですよ…今すぐにでも…

まぁあまり帰れる状況ではなかったものの、「なんかこいつすげー急いでんな」と察した同期が全てを引き継いでくれたので猛ダッシュで空港へ。着いたらついたで駐車場のおじさんに「なんでこんなギリギリに来たの!?間に合わないよ!?どーしよう…今空港行きのバス出ちゃったんだよなー…」なんてヤイヤイ言われて(いや…この喋ってる時間がもったいねーよ早くバス呼んでくれよ…)ってヘルメットあめさんブラックが出たとか出てないとか。(おじさんは美味しそうではなかったので食ってやろうか?とは言わなかった)

それでもおじさん、なんとか間に合うように…と謎の力でバスを呼びつけ、搭乗15分前に空港着。カツサンドを買う間も無く飛行機へ吸い込まれていく私。(おにぎりしか買えなかったよ無念…)ヤベェ。疲れた。疲れたってか汗かきすぎてヤベェ。水分…水分が欲しい…でもオニオンスープを諦めるわけにはいかねぇ…としっかりオニオンスープは飲みました。

 

で。仙台空港着。すぐ着いた。イヤホン出す間も無いくらい。(いやオニオンスープとおにぎりで忙しかっただけ)

着陸直前に見た景色。違和感を感じるほど真新しい防波堤。綺麗な仙台空港

あまりにも突然のことすぎてなにも思わずここへきてしまったけど、これはあの日散々テレビで見た空港だ。そしてあの海は、あの海。

ツアー発表以来、これでもかってくらい謎のスイッチが入っている私はそれだけでもう胸がいっぱいだった。

そうだよなぁ。普通に「宮城ウェーーーイ」的なテンションできてしまったけど、私は初の東北じゃないか。こんな風に思い立ってすぐに来れるほどになるまで、この地はどれほど辛い思いをしてきたのだろう。どれだけ頑張ってくれたんだろう。暖かく迎え入れてくれてありがとう。そんな気持ちを胸に、電車に乗って仙台駅へ。電車から見える桜に喜ぶ北国の女。

Cさんは既にホテルで待っているとのこと。まだ時間もあるしおいでよーと言ってくれたので地図アプリを起動し、それに従って歩く。歩く。歩く…歩きすぎじゃね…???

時間が経っても私が来ないことを心配して電話をくれたんだけど、私はまるで着く気がしない&いよいよシャトルバスの時間やばいな?って事で結局仙台駅へ引き返し、そこで待ち合わせることに。おっかしーなー。ナビ通りに歩いたのになんで着かなかったんだろ???

つーか東北暑いわ…めっちゃ汗出てきた…Cさんまだかなぁ…

 

…いた…ぜったいアレだ…

 

遠くから見てもすぐにわかる、NEWS担以外の何物でもないであろう緑の妖精が目に入り、次の瞬間抱き合っていた。後ろにいたJKもさぞ驚いたことだろう。滝汗でGジャンから両肩を出してだらしなく立っていた女と、突然現れた緑の妖精が「キャーーーー!!!!!」っつって抱き合ったんだからな。「こいつらヤバイ…」って思うのが正解だよ!あの時のJK達!

疲れと嬉しさと興奮でお互い向かっている場所を見失い、更にシャトルバス乗り場から離れてしまったけど近くにいたNEWS担の女の子達とバスまで走りましたわ…いやー息つく間もない。

 

結局席に着いたのは開始10分前だったのかな?札幌でも常にこんな感じだからもう慣れっこですわ…あれほど先発隊に開始30分前に席につけと言われているのに…へへへ…

 

札幌ぶりのNEWSは相変わらずかっこよかった〜!!!!

増田さんはピンクをちりばめたサラサラストレート。札幌全公演では見られなかった方角から大好きなあの曲のあのパートを見ることができてはわわわわ…ってなってたら隣のCさん はもっとはわはわしてて公演中はほとんど彼女を抱きかかえておりました。おかげで汗だく。彼女を落ち着かせる時の魔法の言葉は「私の眉毛ある!?」でした。

宮城の会場、もちろん初めていったんだけど新しくて綺麗だし、会場ごとの音の差に驚いた。真駒内がわぁぁぁっと会場全部を使って共鳴しているとすれば、宮城はもっともっと音が凝縮されて集まってくる感じ。レスポンスもまとまって聞こえていたから、NEWS本人たちの耳だともっと違うんだろうなぁ。

シゲちゃんがスタトロでこちら側まで来た時、なんとなんと背中向けてたんですよ。

「わーー!!!シゲちゃんお願い!!こっち向いてーーー><」って思ってたらなんと…このブロックの終わりまで来た時、クルッとこちらを向き、「あ、シゲちゃん今こっち見てるな、」って思ったら指さされたね…

「わーー!!!Cさん!!!」って言う前にその前にいた小山担二人組が喜び始めてしまったので、2人して「あれは…私達だったよね…??」「うん…きっとそうだよ…」って定期的に確認しあっています。(現在進行形)

 

初日最後の挨拶の時。小山さんが「今日は来れなかった空のみんなも」って言った時。なんだか私は自分にその言葉が向けられたように嬉しかった。私たち会場にいたオタクも、お空のオタク(親しみと敬意、そして同志だと言う気持ちを込めて、あえて“お空のオタク”と呼ばせていただきます)も、みんな同じようにNEWSに想われてる。なぜだかわからないんだけど、とにかく嬉しかった。

ちゃんとあの声は届いただろうか??あの姿はしっかりと見えただろうか??

もし私がお空のオタクになったら、真っ先にこの出来事を伝えなければならないな、とも思った。みんな想ってる。忘れてなんかないよ。って。

これは漠然と想ってることだけど。“あの時”もっとNEWSは何かをしてあげたかったって思ってるんじゃないかなってなんとなーく思う。タイミング的にも状況的にも、声にこそ出さないけれどもどかしい思いをしていたのではないだろうか。

全ては憶測で、あの時は完全に外部の人間だったけど。小山さんのevery.特集や、〇〇を見る限りそんな気がする。

でもタイミング毎で言葉に出したり、あの地で気持ちをあらわにしたりする事で今までも、今も、これからも。“想って”くれていることはあの地のオタクにとっても嬉しいことなんじゃないだろうか。側から見てるとそー思う。当事者からすれば何言ってんだって言われても仕方ないだろうけどね!!

 

その後シャトルバスで仙台駅まで戻り、牛タンつまみに初日の打ち上げ。いやー牛タン、信じられないくらい美味しかった!!!

f:id:AmeAme:20170423134408j:image

(食べ物の写真を撮り慣れていないのでまさかの食いかけ。でもおいしそうでしょ?♡)

 

意外と早くお店が閉まってしまうので、そのままホテルへ。ずーーーっと喋ってた。

 

4/16(日)

ホテルで朝食をとった後、一度仙台駅へ行きその後レンタカー屋さんへ…

そう。今回の遠征を制したポイントはここ、レンタカーなのです。

会場から空港までの距離を考えると、終演後普通に空港まで向かうと確実に乗り遅れる。

でもラストを見ずにNEVERLANDを途中で放棄するなんて出来ない!!タクシーで帰ると片道いちまんえん。いち…ま…ん…無理。直前の飛行機ってこんなに高いんだ!へぇー(吐血)ってくらいお金をばらまいた後だったので簡単には手を出せず…なんとお友達が仙台にもう一泊してくれるとの事だったので、レンタカーにて会場入り。これ、ほんとに正解だった。

ちなみに行きは私が運転担当。2人とも田舎者だからね、運転は慣れっこですわ。(失礼)

気合い入れてNEVERLANDのCDを持ってくるCさんに、「え?Bluetoothで繋がるんじゃないですかぁー?」とヒドイコト言って「若者はすぐそうやって!!!」と叱られたことも記録として残しておこうっと♡あえてのCDで聞くNEVERLANDはいつもよりかっこよく聞こえた気がする!!!!!

駅から1時間もしないで会場へ。

宮城2日目一公演目は今回初のアリーナ。

 宮城2日目一部、ホントにすごかったんですよ。増田さんがお色気セクシーアイドルでなんかこう…腰つきといいますか、あんよの具合といいますか…関節の可動域にホレた。(察して)

私の大好きな曲、自分のパート終わりに英語の歌詞の歌い方をアレンジしてて、また惚れ直した。うわー、宮城まで来て本当に良かった…って。そのくらいかっこよかった。

NEVERLAND、ラストの気迫がほんとにすごくて、終演後かなりの確率で魂抜かれるんだけど、この回は特にそれがひどくて、Cさんとの会話もほとんどカタコト。「すごかった…」「すごいかっこよかった…ヤバイんだけど…指が…指…」(Cさんはシゲの指担なので感想のほとんどがシゲの指の話)

さてここまで来て、駐車場が一度入ったら2度と出れないシステムだと思い知る私たち。あぁ、確かにシゲも「NEVERLAND、入り口はあるけど出口はないから」って言ってたな。(履き違え)

何を血迷ったのかわからないけど、私たちが持っていた炭水化物はこれ。f:id:AmeAme:20170423212329j:image

だけ。

だけ!?!?

 

2人で仲良くこのフルーツサンドを分けるんですけどね。まぁー足りないwww

切ないほどに足りない。でももう甘いものたべれない…と思ってたらCさん「クッキーあるよ!」「oh!クッキー…食べます…」って食べたんだけどさ。

二回公演の時はしっかりご飯食べようねって教訓でした。札幌公演の時は間何も食べなくても平気だったので(頂き物のお菓子だけ食べた)やっぱ暑いとお腹空くのかな????

 

本当に喋ってるとあっという間に時間は過ぎていっていよいよ最終公演。結局会場内のトイレには行けずじまいでした。(アリーナのトイレ少なすぎ問題)

最後の席がNEVERLAND史上最高にステージから近くて、花道にいるときは肉眼でおおよそが見えるほど近かった。

NEWSコンに入るのはNEVERLANDが初めてだけど、間違いなくNEWS史上一番カッコいいオープニング。しかも自担側の席…なんだこれ最高か…棚ぼた的に来れた公演でここまで近いなんて…帰りの飛行機が落ちても文句は言えまい…

ラストの凄さが気迫ならオープニングの凄さはその気合い。

私はNEWSが自信満々にオープニングで登場するのが大好きなんだけど、これは最たるものだと自信を持って言える。

あぁ、絶対にこれからすごいことが起きる。ドタバタでお金をかけてここまで来た後悔なんか微塵もない。オープニングで気合いと自信を纏って登場するNEWSを見たら、そんな風に思った。

その後すぐに自分のパートが終わって大きく息を吸ってその胸を上下させた増田さんを見てぐらっときた。「生身の…増田さんだ…」って。

 まぁその後は散々Twitterで流れた通りのことが起きてまして。

この感想が正しいかどうかわからないけど…

多分いつかはこんな公演を見ることがあるだろうなとは思っていて、それだったんだなって。ただ、その後の空気が私はとても信頼できる空気で。

こんな増田さんと、やっぱりどこか思うところがあるんだろうなって小山さん(土地柄的にね)と、そんな2人と会場にいたお客さん全てを丸く収めるためにはどーしたらいいのかと考えていたであろうシゲちゃんと、そんな空気をグイグイと軌道修正するように引っ張っていくテゴちゃん。あぁ、NEWSって、ほんとにいいチーム。

個が強い、我が強いと自分たちでも言っちゃうNEWS。でも私は、ネガティヴは方にはあんまり捉えていなくて、それは自我の自立であって、個がしっかり立っていると思ってる。

4本まとまった柱と言うよりは、四隅にしっかりとそびえ立つ強い柱。でも柱として大切なものを支えるためにお互いが気遣いあい、柱として立っていられるように互いを気にかけフォローする。馴れ合いじゃない、いいチーム。そんな姿を垣間見れて嬉しかったなぁ。

その後MC、〇〇で「歌割り間違っちゃったごめんね」って言う増田さん込みでNEWS好きだわ〜〜〜!!!!!って感じでした。

センステ付近にいたので、リフターの時間はしっかりとJr.を見ることにした。どうしても映像だと見届けられないけど、いろんなところでNEWSを慕ってくれてるんだろうなって感じていたから。

できるだけNEWS担として応援してあげたいなぁって素直に思いました。だってみんなほんとにいい表情でステージに立ってる。NEWSの事好きなんだろうな…って思う。

それから、ニャン太。

実はあまり触れないようにしてたニャン太。この滅多なことでは泣かない女が、愛犬と暮らし始めて以来、犬関連ではいとも簡単に泣くようになってしまった。小山さんのソロ、猫の歌とはいえ感情輸入したら終わりだぞ、出てこれないぞ…って思ってわざと遠ざけてたんですけどね…最終公演の小山さんからは逃げられなかった。小山さんの歌の力ってこんなすごかったのか…って思ったらもうダメだったなぁ。

ニャン太、演出も愛猫家にはかなり刺さるものがあると思うけど、堪えていた愛犬家にもついに刺さりました。そのくらい宮城の慶ちゃんはすごかったんだよ!!!!!!(きっと優秀な小山担がこのすごさを伝えてくれているはずだと思う)

んー。なんて言うか…小山さんに関しては以前もブログに書いたことがあったけど、今はとにかく「絶対負けないで」って思う。

キャスターも兼業しているとはいえ、アイドルを生業としている以上、常に努力をしているのはわかってる。だからこそこんなに素晴らしいステージを作り上げることができるのだ、とも思うし、小山さんの問題に他担が積極的に声を上げるのは自分のモラルに反することだったのであまりはっきりと言及せずにいたんだけど。宮城1日目の夜、24時間テレビのメインパーソナリティに我らがリーダー、小山慶一郎が抜擢された。これってすごいことなのだ。

櫻井翔と肩を並べて国民的行事番組に個人で2年連続で呼ばれた。日テレのアレだとか、キャスターがどうのとか、そんなことでこんな大きな仕事は決まらない。信頼がある、と言うこと。私は自分の中に過激派の自分も飼っているので、正直何も否定する気も肯定する気もない。ただ、この大仕事が決まったと言うことはそーゆーこと。黙っててもお仕事もらえるほど甘くないってのはみんなわかってるはず。だからね慶ちゃん。私はあなたに絶対負けないでほしい。私たちをあんな気迫と感情で励まし、1人じゃないと叫んだように、あなたにも味方は沢山いる。でも全てを受け入れられない人間もいる。仕方のないことだけど、あなたを好きだった、好きな人間だから。何かを諦めたり、捨てないでほしい。ただ、みんなを黙らせるくらいアイドルとして無敵のアイドルになってほしい。どんな困難も跳ね返してほしい。あなたは私たちのリーダーだって言うけど、だったら私たちはあなたを支えるメンバーだということになるし、ぶっちゃけそう思ってる。だって私は小山さんすごいなって、あの日心底思ったよ。その素晴らしいところ、どんどん伸びていったらいいなと思う。

「僕がつけた君の名前」ってフレーズが特に好き。始めて愛犬を迎え入れて夫婦で名前を考えた時の事を思い出した。私が考えた名前が採用されて、なんだか少しくすぐったいような、責任を感じるような、でもとっても幸せな気持ち。

小山さんの歌にはそんな小さな幸せを思い出させるパワーがあるみたい。

さあ、いよいよ宮城公演もラスト。

魂を削るようにぶつけるようにうたうNEWS。全部受け止めようと思ったら体が痺れそうになる程のパワー。きっと届いただろう。この声が届くべきところには。会場からパワーが溢れそうだった。

 

そんな余韻に浸っている間もないのが遠征組の我々。後ろ髪引かれながらも走る走る。

Cさん運転の元、車内で荷造りを済ませ、空港へ。その間も流れ続けるNEVERLANDのCDのせいで時々思い出したように悶えまくる2人。危ない。

 

搭乗手続きギリギリに空港に到着し、車から降りてガッチリと抱き合う私たち。

「ありがとう」「本当にありがとう」「またね」って同じことなんども言って。

楽しかった、嬉しかった、いい思い出になったって確認するみたいにお互いに言い合える素晴らしい遠征だったな。

同じコンサートが二度はないように、同じ遠征も二度はない。でもこんなに楽しい事が待っているなら、行けるところにはできるだけ行くべきなんだと、出不精な自分を正したくなるような、遠征でした。

Cさんとも、経歴を辿れば何年も前に出会っていてもおかしくないのにNEWSが引き合わせてくれた運命。

全部NEWSがくれたプレゼント。大切な人がくれたプレゼントだから、ずっと大切にしようと思う。

 

 

ありがとうのNEVERLAND(ネタバレなし)

NEVERLAND札幌公演、行ってきました。

人生で一度しかない、NEWSとの初デート

 

ネタバレはしない、したくない主義なので書かないけど、勘のいい人はいろいろ気づいちゃうかも…???

タイミングとか言ったこととか結構ニュアンスなので、間違ってたらそっと教えてください…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEVERLAND、結論から言うと、すごく良かった。

めちゃくちゃカッコよくて、NEWSにすごくよく似合う衣装たち。

増田さんがNEWSの衣装をプロデュースするという事のありがたみを体感した。

きっともっと知識のある人が見たら適切に解説できるんだろうけど、ど素人が見ても過去最高に良い衣装が並んだと思う。

増田さんが好きなんだろうなって素材、曲の世界観へ私たちを誘うのにぴったりなデザイン、美しい光の中で輝くような色合い、“NEWSらしい”、NEWSにしか着こなせないだろうなと思わせる、増田さんだからこそ作れたであろう衣装。何をとっても最高で完璧だった。

 

セットリストも、こんなに満足のいくセットリストはないんじゃないかな??

今回は第三者からの目線も入って作られたとのこと。結果的に大正解!!!

過去のDVDを羨ましく眺めていた私にとって、こんなに報われた…!!と思えることは後にも先にも無いんじゃないだろうか。

どーーーしても、「あの歌が聞きたかった」「これもやって欲しかった」と思ってしまうセットリスト。3日たった今でも、あれ以上にNEVERLANDらしいセットリストはどこを探しても見つからないだろうな、と思う。

 

そして、NEWS。

初めて見るNEWSは本当にカッコよくて、みんなが言った通り、客席をよく見ている…!!

「あっ、今目があったな」とか「全然合わないな…」って何度も感じた。たった数回入ったけで、この味をしめてしまう程NEWSは客席をよく見ていると思う。

来ているお客さん全員と目を合わせるのが目標、と言っている増田さんはホンモノだった。

 

コンサートを見てしまった今、生歌のありがたみを目に入る人みんなに教えてあげたい。

とにかく音の圧がすごい。全身でその音を浴びると、何も考えられなくなって唖然としてしまう。

聞く、なんてもんじゃない。音を浴びていた。

何も考えられなくなる薬をかけられているみたいに。

初日の後、入念に確認したんだろうなとわかるほど、2日目一部は特に素晴らしかった。

NEWSが奏でる音楽を、こんなに魅力的に表現できる場所はここ(コンサート会場)以外にはないと思った。

そして増田さんのリズム感に感動した。

曲名は伏せるけど、全体的に走りがちになってしまう一曲があった。

そこでCDよりもたっぷりと貯めて全体を調整するように歌う増田さんは目眩がするほどカッコよかった。

いつも映像で見ているから、絶対知っていたはずなのに、目の前で踊る増田さんは私が知っている増田さんの何百倍もカッコよく見えた。

今まで踊ってる増田さんをかっこいいと思っていた自分は何だったんだ、こんなにカッコよかったなんて聞いてない!!!!

そんな事もあって、一挙一動を見逃したくない!!と思い、ずっと双眼鏡をのぞいていた。だって健康なオトコノコそのものだなって体を全部使って踊る増田さんは、時に重力を感じさせない軽さを。時に力強く男らしい重みを感じさせるんだ。

 

終始、NEWSが楽しそうに笑ってはしゃいでふざけあっていて、この日を待ち望んでいたかのように喜んでいるみたいだった。満たされたように笑ったり、自信満々にかっこつけたり、こちらが心配してしまう程に気持ちを歌にぶつけたり…

そんな4人を見ることができて嬉しかった。NEWSって本当に仲が良くていいチームだなぁって、お決まりのセリフしか吐けないけど、紙面や画面からみるのと本物を見るのはまるで違った。すごく漠然としているけど、全員が全員を大切に思って尊重し合っているのが生々しく感じられた。本当にいいグループだなぁ、NEWSって。

 

2日目一部、シゲがリフターから降りてこられないハプニングが発生した。

前日から明らかに調子が悪そうだったリフターが、遂に職務放棄していた。

スタッフさん達もシゲを降ろそうとはしごを持って来たり慌てて調整してくれているのはわかっていた。でもそんな時、リフターがガタッと傾いた。客席からは本気の悲鳴。そんな中、「僕の魔法であーなっています」と言った増田さんにどれほど救われたか。不安がる私たちをなだめるようにおどけて見せる姿勢がかっこよかった。

とにかくプロだった。

 

ある曲で、腰から体を半分に折って深々とお辞儀をした増田さんを私はきっとずっと覚えているだろう。

とにかく印象的だった。

私は増田さんから発せられる「感謝の念」が大好きだ。

増田さんは事あるごとに「ありがとう」と言ってくれる。

「歌を聞いてくれてありがとう」「いつも応援してくれてありがとう」「ここに連れてきてくれてありがとう」etc…

本当は私が積極的にありがとうを伝えなければいけないのに、いつも先にありがとうと言われてしまう。

今回だってそうだ。深々とお辞儀をした増田さんに「また先を越された…」と思っていたら、スタトロでこちらまで来た時、またしても「ありがとう」と言われてしまった。でも増田さんのありがとうに私はいつも救われる。

ずっと前からまっすーの事知ってたのに、好きになるのが遅すぎてごめんね。

一番辛い時に支えてあげていたファンじゃなくてごめんね。

どうしても超えられない壁があるから、出ているテレビも見れない時もある。

番協も公開録音も、気軽に応募できないところに住んでいるもどかしさもある。

この体いっぱいにある増田さんへの愛の中にほんの少しだけ、悔しい想いを持っている。

でも、そんな風に思ったって増田さんが言ってくれる「ありがとう」で何もかもどーでもよくなっちゃうんだ。

今回実際に増田さんと会って、これからはちゃんとありがとうと思ったタイミングでありがとうって伝えていこうって決めた。

 

なので生まれて初めて書いたファンレターでは沢山のありがとうを伝えたつもり!

 

やっとやっと聞けたFOREVERMINE。歌の力量、抱きしめられているような暖かくて優しい声、感情を歌に乗せるその才能。全部を全身で感じた時、

「私は付いていけるだけ、増田さんに付いていこう。きっとこの人はこれからも素晴らしい世界へ私を連れて行ってくれるに違いない。」と確信し、増田担(及びNEWS担)として今後もNEWSを追いかけていこうと腹を括った。

素晴らしいし、感動もしたけど、あの時は今までに感じたことのない感情を覚えた。

やっと増田さんのFOREVERMINEに出会えた嬉しさと、こんなにも美しい歌を歌う担当を誇らしく思う気持ち。ずっとこの時の思いを忘れずに増田さんを好きでいたい。私にとって、かげがえのない決意の歌となった。

 

そんな訳でNEVERLANDは閉園の時間を迎える。終わり方がまた最高だった。

明日からも自分は1人じゃない、そー思った。だってこんなに感情をむき出しにして本気でぶつかって来てくれるNEWSがいる。1人な訳ない。NEWSだってそう思って欲しいという気持ちで歌っているだろうし、私は素直にそー思えた。こんなにも需要と供給のバランスが美しいアイドルとファンの関係ってあるだろうか??あるかもしれないな。でも自分がその当事者になれるかどうかは、運命次第だと思う。

だから私は、初デートがNEVERLANDだった事が本当に嬉しかった。普段の私を見ている人はわかってくれているかもしれないけど、私は自他共に認めるWHITEの亡霊なのだ。

でもそんな亡霊も、綺麗さっぱり成仏するほどにNEVERLANDに間に合って本当に良かった。初デートがNEVERLANDで良かった。と思えた。新規の熱量でNEVERLANDを迎えられたことは、NEWS担人生最大の喜びであり、宝になるだろう。

きっと初デートをNEVERLANDで迎えるために、私はここまでNEWSを好きになるのを待っていたんだろうな。

大好きな4人に会えたこと、ずっとずっと待ち望んでいたNEWSの音を全身で浴びることができたこと、増田さんにありがとうと言ってもらえたこと。絶対忘れない!!

 

2日目二部、最後の最後、

「みんなが呼んでくれたおかげで大好きな札幌にまた来れました!」と言った増田さんの笑顔を胸に、私はまたしばらく頑張れると思う。

また、真駒内でデートしようね。待ってるから。また、呼ぶから来てね。

でも次は私の番。飛行機に乗って、大好きなお友達と、増田さんの夢の場所でもある東京ドームへ行くよ。

今の今までなんとも思っていなかった東京ドーム。増田さんが「僕の夢の場所でもある東京ドームに連れて来てくれてありがとう」といって笑った時から、私の夢の場所にもなった東京ドーム。

オーラスが終わった時、お互いに「東京ドームに連れて来てくれてありがとう」って言い合えたら…

だから、もう少し待っててね。また必ず会いに行くから。じゃあ、またね。

 

儚いから綺麗なんだってさ

NEWSちゃん、EMMA発売おめでとう〜!!!!!!

 

24時間テレビ後、今か今かと首をながーーーくして待ち望んだシングルがついに発売したぞ!!!!!!!

その期間およそ半年!!!!焦らすよね〜でも待ったら待った分だけ嬉しいもんだね〜やっぱりしげちゃんの言う通り「会えない時間が?愛育てるって言うし?」ってほんとなんだね!!!

まぁシングル位出るでしょ!!!!だって24時間テレビでメインパーソナリティとして番組を成功させた上に、本番直前のハプニングもメンバー四人で乗り越えて、日本中が愛と感動に包まれた2日間じゃん??なんなら年内2枚くらいシングルいけんじゃね???と思っていたあの夏の私に伝えてやりたいよね。

甘い事言ってんじゃねぇ!!NEWSはそんなに思い通りになはならん!!!!!ってEMMA初回A・B、通常版計3枚すべてのCDの端っこでグリグリしながら言ってやりたい。でもこの思い通りにならない感じがとてつもなく好きと言うか振り回されてる感がたまらないので問題ないです!!!売り上げやら事務所内の推し方とかさっぱりわからないのでただただ焦らされただけだと思い込んでドキドキしてる。アホなのかな。でも脳内お花畑なくらいが丁度いいよ!!!!何しても楽しいから!!!!!

 

ブログ開設後初めてのシングル発売なので調子に乗って感想とか書いてみる!きっと最初で最後だろうけど何事もチャレンジだよね!?

 

初回盤A

おたくの大好物メイキング映像が付いてるMV〜!!!!!人はいつからMVなんて言うようになったんだろうな!!いつもうっかりPVって言いかけるけど本人達がMVっつーんだからこれは正真正銘のMV。流されやすいので魂はすぐに売る。

 

今回の衣装って、初見時から結構度肝を抜くタイプの衣装だったじゃないですか。詳しい事はよくわかんないんだけど、色々と流行を取り入れたり意味合いのあるアイテム選びだったりしてとにかくすごいんでしょ?Twitterのひとがいってた。(雑)しかもそれ作ったの増田さんなんでしょ???「生地からこだわって選んだ」り小山さん曰く「早朝に衣装の相談連絡が来た」り、相方に首輪付けたりすんげぇよな!!!

シゲちゃん出演のドラマ曲ということもあってか、シゲの赤い衣装がすごく頭に残る。

ポップな赤じゃなくて落ち着いたダークな赤い衣装、あの少しすぼまった裾の感じとかがお気に入り。増田さんの作る衣装はその人にしか着こなせないだろうなと思っていつも見ているけど今回は特にそれが出てる気がする。

メイキングで一番嬉しかったのは大サビ

「EMMA.EMMA.EMMA  サヨナラまで2センチ」パート、カメリハと本番の部分。増田さんが頑張って伸ばした前髪で左目が隠れて、増田担が揃ってめまい症状を訴えたあのパートね。そこで右側と左側どちらのアングルも収録されたのがすんごい嬉しかった!!!だってあのパートマジでかっこいいじゃん?????しかも右から見ても左から見てもカッコいいんだよ??やばくない???まさかシングルでマルチアングルな増田さんを堪能できるなんて思っていなかったから嬉しい!!ラストでEMMAちゃんの手にキスして行くところもメイキングに入っててよかった〜!!しかもその後モニターチェックする時の真剣な顔!!!からの増田さんの肩越しのモニターの増田さん!!!「あぁ、お仕事してる増田さんの背中、マジでかっこいい…」ってなるじゃん。だからメイキング映像って本当に大切。小山さんの衣装を直してあげる増田さんとかなかなか見れないもん。これからもメイキング映像は付けて欲しいな!!面白いこと言わなくても、キャッキャしてなくてもいいから、普段あまり教えてくれないその裏方仕事っぷりを年に数回だけ見せて欲しい。

ところでEMMAちゃん達の正体は解明されずじまいだったね????そのうち優秀なNEWS担がラジオにメールしてくれるんじゃないかと待ち望んでますんでよろしくお願いします!!!!(他力本願スタイルは2017も継続中)

 

EMMA、曲としてはとにかく2番が好き

ギターを抱いて下手なアルペジオ

下手なアルペジオってのがすごくシゲシゲしいなって。アルペジオが下手って意味じゃなくて、少し皮肉っぽい歌詞を歌うシゲちゃんはなんだかダンディー!!

こっちは引き下がり方知らない男

これこれこれーー!!だいっ好きなパート。普段から闘争心を剥き出しにするタイプではない増田さんが時々こんな風に強気な男風のこと言うとビックリしてうっかり惚れ直すんだよね。もちろん毎回なんだけど。歌い方もすごく好きで“知らない”の張り上げて歌う感じがとてもとてもかっこよくて色っぽくて好きです。だからコンサートではフルコーラス、もしくは2番から歌って…お願い???

 

Snow Danceの素晴らしさ、私がいかに好きかを伝えたいんだけどどーしたらいいのかな…とにかく初めて聞いた時から大好き。

ミディアムテンポで、ある程度の爽やかさを保ちながら始まるイントロがすでに好き。突き刺さるような寒さと冬独特の澄んだ空気を音にするとまさにあんな感じ。

泣きそうに降る粉雪 灰色の空に

って小山さんが歌ってくれるのですぐに情景が浮かぶんだな〜。まぁ一歩外に出れば360℃パノラマの雪景色が広がっているので無理もないんだけど。そこも含めて好きなの!!

時のないベンチで肩寄せ合えた日々が

もとてもシゲシゲしい。時のないベンチって何なのかなぁ?時間を忘れる程濃密な時間って事?それとも時間を気にしたくないってこと?どっちだとしてもシゲが歌うとすごくしっくりくるし、とにかくなんかオシャレ。なんかよくわかんないけどすんごい好きなの。(語彙力凍結中)

この夜に抱かれて

のところなんか、すれ違う人全員に聞かせたい。これがNEWSの手越だよ!!めっちゃかっこいいでしょ!?すごくない!?イッテQの手越だよ!!???!?!って人に聞かせて自慢したい手越祐也2017暫定一位確定おめでとうポーポーポー(?)

初めてNEWSと過ごす冬。雪の量も多くて寒くて春が待ち遠しすぎて2月は毎年病みやすいんだけど、NEWSがその時期に冬ソングをプレゼントしてくれたのが嬉しい。しかもその歌が切なくて美しくて、斬新、かつ引き込まれる歌割だったのがもう最高。

初めて聞いた時、Aメロ全部を小山さんが歌ったのがそりゃもービックリ&めちゃくちゃ嬉しかった。小山さんの声は切ない歌にピッタリだし、私はこのくらいのテンポの曲と小山さんの相性がすごくいいと思っているので、正直嫉妬してしまうくらい小山さんはSnow Danceがお似合い。すごく素敵。

そしてSnow Danceのもっと好きなところは増田さんの贅沢使い。パートの分量は少ない。でもそんな風に増田さんの声を使う選択肢を持つNEWSの幅にまた惚れた

だってテゴマスだよ!?一人で生放送の音楽番組で歌ってたまっすーだよ!?その増田さんをこの歌割で参加させるそのチャレンジと、NEWSの振り幅がすごいなぁって。そしてたったあれだけのパートでもしっかりと私の心を掴んで離さない増田さんはほんと恐ろしいし、そこに間違いなくいる存在感に安心した。どうしてもテゴマスが主軸だと思われがちだけど、どー考えたってNEWSとして歌の可能性は希望に満ち溢れているし、これからもっともっとバリエーションが増えていくと思うと絶対見逃したくない、聞き逃したくない!!ってそこまで思わせるSnow Dance。絶対にコンサートでやってくださいまじでお願いします。いやでもチケットはもっとお願いします。きっとこれからも私の冬に欠かせない一曲になるんだろうな。NEWS×ヒロイズム×季節物はこじらせると長びくし、気持ちをしっかり保たないとしばらく抜け出せなくなるので要注意。夏の終わりに秋の空の乱を起こし、しばらく2010年から抜け出せなかった私が伝えたいことは以上です。

 

初回盤B

さくらガール -Represent NEWS Mix-
I・ZA・NA・I・ZU・KI -Represent NEWS Mix-

 

それぞれ大好きな曲だし、四人からの新規だからとにかく嬉しい。そしてなによりも今回は私的にリリースのタイミングが絶妙だった。


大好きな同僚が辞めそう、と言うタイミングが今回のさくらガールとたまたまぶつかっただけなんだけど。心の底から「いつまでも続いて欲しい」と思うくらい、私は今の同僚たちが好きで、それ以上に感謝もしていて。悪いこともいつかは終わるように、良いこともいつかは終わるのがわかっていたんだけど、それを突きつけられて自分が思っている以上にあの日はへこんで。(フラゲ日の話)

今聞いたら危ないかな、とも思ったんだけどとりあえず一通り聞いてみて、2番の歌割がすぐにお気に入りになってしまって、

ってとこに落ち着いたんだけど。

 

結局同僚の話は進んでいなくてどーなるかさっぱりわからないんだけど、少し別の角度からこの事を考えてみた。

そしたら、こんな感じの節目は今までも何度かあって、そこにピッタリとはまる嵐の楽曲も沢山あったことを思い出した。

一番思い入れがあるのはseason。初めて相方と離れ離れになる春に、本当にピッタリなタイミングで発表された曲。

「嵐、うちらのこと見てたのかなあ?」って割とガチで何度か言うほどに、別れを控えた2月に「遠く離れ離れでも心1つ繋がってる」と歌ってくれた嵐に感謝したし、あれから何年か経った今も、seasonを聞くたびあの頃を思い出す。こうやって今まで嵐の楽曲が私の人生における沢山の出来事に寄り添ってくれたように、これからはNEWSもこんな風に参加してくれるんだって思うと、嬉しくて、頼もしくて、愛しくて。こーやって見計らったようなタイミングで、悲しくてブルーだった切なさから、NEWSらしい、さくらガールのピンク色に切なさを切り替えてくれた。だから私はこのさくらガールをずっと大切にしていこう。そんな風に思えるさくらガールでした。(いや仮にタイミングが今回の件とずれてたとしても間違いなく私はこのさくらガールを気に入ってた。)

I・ZA・NA・I・ZU・KI はどんどんかっこよくなっていくね!!初めて見たのが美恋だから、あの荒削り感むき出しのI・ZA・NA・I・ZU・KI が大好きなんだけど、QUARTETTOセトリに組み込まれたおかげで今のNEWSの物として完成してきてたと思うし、今の年齢にも合ってる気がする。こんな風に見せ方を変えて昔の歌をアップデートし続けるNEWSはやっぱり面白いし、目が離せないなぁと改めて実感。上書きって言葉はしっくりこないし、魅力の追加ってのもごちゃごちゃしている気がするから、必要なところを伸ばしていくと言う事で、アップデート。しっくり。

 

 

通常版

スノードロップはいつMeltykissのCMに起用される予定ですか?????ガッキーも可愛いけどNEWSちゃんも可愛いし、とっても上手に歌も歌えます!!

歌い出しの増田さんが全編まろやかしっとりまっすーだったので、EMMAとのギャップにまず負傷。

これは少プレでフワフワの衣装を着てキャンドル多めのセットとかで歌って欲しいなぁ。

 

 

 増田さんの谷間とむっちり美味しそうな二の腕が満喫できる上に、なんと小山さんとシゲちゃんとテゴちゃんのメイキングまで付きます!!!!しかもMV本編まで!!!!!!!!!!なんてこった!!!お得!!!!一枚で4人分のメイキングが味わえちゃう!!!!

 

 

 私の宝物になった一枚。ずっと大切にしていく予定!!!

 

 

 

スノードロップが入っているのは通常版だけ…!!!3曲とも増田さんが声の表情をガラッと変えているのでお得感がハンパない。

 

シングル一枚(正確には三種だけど)でここまで楽しめるNEWS最高かよ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

 

おたくダイエットチャレンジ〜開始編〜

明けましておめでとうございます!!!

一月中だからギリギリセーフですね。

2016年、転げ落ちるように惚れ込んだNEWSのおかげでそりゃーたくさんのハッピーを頂いたわけですが、2017年もそれ以上に!!

ハッピーを分けてもらうつもりでございます。

ええ。貪欲な新規です。

そんな感じでお送りしていきますので2017年もよろしくお願いします!!!!

 

さてさて。

NEWS担の皆様におかれましてはカウントダウンコンサート中に突如放り投げられたリーダーからの一言

 (´-」-`) 「4月からツアーやります!!!」

によって歓喜の年始になりましたね。

私もテレビの前で「うひゃーーー!!!!」

と珍しく声をあげました。

隣の夫は動じませんでした。

さすがおたくの夫。

 

お友達相方家族とLINE、Twitterを駆使しツアーどーするわくわくわくわく!!!と話し合いながらもEMMAの初お披露目で重傷を負ったのは私だけではないはず。もちろん私だって新年早々重傷でした。誰が正月にテレビで腰を振るアイドルの出演を許したのか。最高か、来年も頼む。その後もジャケ写やら衣装やらヤイヤイありましたがそれは発売後ゆっくりと噛みしめるとして…(ちなみに私は全てを受け入れた派。だってレザーのパンツかっこいいじゃん…///)

 

正月ムードも落ち着き、皆さんの手元に青い封筒が届き始めた頃。

私はついに決心した。

よし。痩せよう。と。

TLもダイエット決意表明がちらほらと見受けられてそれに触発されたってのもあるのですが。でも去年NEWS担としてこの世に生まれ変わってから確実に私を変えたのは美意識

毎日どスッピンで歩くとかそこまでのことではなかったんだけど、美に関して努力するという事を完全に遠ざけていた私。と言うか、別にもー結婚しちゃったし、もーすぐ30歳になるし、誰と出会って恋を始めるわけでもないし…とこのタイミングでオシャレに気を使ったりガッツリメイクすることがなんだか照れくさいお年頃にさしかかっていたんですよね(?)

 

でもNEWS担先輩方は口を揃えて言う。

NEWSのコンサートとはデートである。

NEWSは客席をよく見ている。

ホントかよ〜?????って思うけど、確かに擦り切れそうになるほど見ているWHITEでは客席を愛おしそうに見つめるメンバーの様子は多々見受けられる。

でも別に直接会って何か起きたりするわけじゃないし〜。と開き直っていればこーはならなかっただろう。

だけど単純な私はなんでもすぐ真に受ける

 

きっかけはなんだったのか…そう。去年の秋、オタ活しかしていなかったTwitterでのやり取りで、「〇〇の化粧下地がいいよ〜!」と教えてもらって。そもそも今まで顔面でトラブルを起こしたことはなく、問題があるとしたら生まれもった顔つきぐらいだろって思ってたんですよ。だからホントに最低限のメイクしかしていなかったけど、迫ってきている三十路の現実も背中を押して、思い切ってカウンターに行ってみたんです。まぁ御察しの通り帰りは大量の化粧品を持って店を出たわけですが。タッチアップしてもらったコンシーラーに愕然としました。「自分、思った以上に肌がくすんでいる…」って。カウンターに行かなかったらきっと気づかなかったと思うんですけど、口元、小鼻のコンシーラーでこんなに顔って変わるかね!?!?!!!?!とびっくり。基礎化粧品だってトラブルがないから何年もずっと同じ。でも肌は合格点。クレンジングはミルクで優しく落とすようにしてね、とだけ言われました。(もちろんクレンジングミルクもその場で購入)

メイクは、とにかく濃く!まつげはつけまつげ二枚重ね!なんなら下まつげもつける!チークは濃く!アイラインはガッツリ!!!の10代後半〜20歳頃の時代を過ごしてしまったので、大人になってから完全に方向性を見失っていたのは事実。

でもこんな肌色の液体1つで顔つきが変わるとは…!!!

カルチャーショック…

キャンメイクコンシーラーで唇の色を消していた頃以来のコンシーラーを手にし、調子に乗った私は次に髪の毛に目を向ける。

幸いな事に自分の周りにはなかなかの美容オタクが揃っていたので

「なんか髪がパサパサする…」と相談すればオススメのオイルを紹介され、美容師さんにもビックリされる位ダメージヘアを克服。オイル自体もいいけど、それまでの私の毛先、それはそれはひどいものだったので驚かれた。

自担のヘアスタイルに「絶対セットしたほうがカッコいいのに…!!!」と嘆きそうになった直後、「じゃあ自分は…??コテなんかとうの昔に捨て去ってパーマ一本で行こうとしていつも失敗してるよね…??」と思い直し、美容師さんに相談。オススメされたコテをソッコーで買ったりしている。

 

練習は本番のように

本番は練習のように

 

と松兄のありがたいお言葉にあるように、コンサートの日だけ頑張るでは確実にボロが出る。毎日がコンサートだ。気合いを入れていつでも100パーセントの力で自分を飾り立てることができるように練習だ!!!と気合いを入れ、去年の秋からほとんど毎日フルメイクで出勤している。ちなみにコテが届いてからはほぼ毎日髪の毛をグリングリンさせている。慣れていないと、コンサート当日に綺麗に髪なんか巻ける訳ないのだ。少なくとも私はそう。(誤解を招くといけないので注意書きしておくと、今のフルメイクは全然ケバくないしまだ髪も満足いくほど上手にセットできてない)

 

そこまでくると今度はベースである体が気になってくる。お恥ずかしい話、これまでダイエットってゆーものを成功させた試しがない。気付いたら太ってるし、気付いたら痩せてる。

ただ、こー書くと「痩せたいだけかよ」って思われそうだけど、私は

この丸顔をどーにか小さくして

二の腕をスラっとさせて

ウエストを絞って

お尻をキュッと上にあげたい

だけなんです!!!!!(それをダイエットって言うんだよ!って突っ込まれましたがそんなアバウトな目標ではないのでここにしっかりと書き記しておきたい)

標準体重ってやつはオーバーしていないのでデブでは無いと言い張っているけど、とにかく肉付きのバランスが劇的に悪いのが私の体。

顔、上半身、下半身の肉付きがとってもちぐはぐな上に、見えるところが見えないところより肉肉しい。せめて…せめてNEWSの視界に入るところだけでも…綺麗な人になんかなれなくていい、ただNEWS担になる前の自分よりも綺麗になりたい…!!!!!!

増田さんのうちわを持って歩く以上、増田さんに恥じないオタクでありたい…このままうまくいけば沢山のNEWS担とも顔をあわせる事になるだろう。その時は昨日の私より綺麗な私でいたい。

若干病んでる高校生みが出てきましたがそんなもんです。現場が決まればおたくは頑張れるんです。

もろもろ情報収集して始めたのは、

  1. スクワットチャレンジ
  2. バナナと豆乳を中心に食生活の見直し
  3. お風呂上がりの入念なマッサージ

特にやっているのはこの3つ。

 

ジムは時間が取れない、エステはお金が続かない、と言い訳だけは一人前なので自宅でできるもの、簡単なもの、続きそうなものに絞るとこれが残りました。

断食とかムリムリ!死ぬ!ってタイプの意思弱いマンなので食事は食べ方の工夫で乗り切る事に。元々好き嫌いが激しく、食生活も偏っているので食事制限なんかして肌でも荒れたら…と極端に肌荒れを心配したので、食前にバナナを食べて、ご飯の量を減らすことを意識。

お腹がいっぱいになればご飯が残っても食事を止めてしまうタイプなので私には合っている模様。朝ごはんは食べない生活でしたが、

朝→バナナ半分

昼→朝残したバナナとお弁当(通常サイズでご飯のみ少なめ)

夜→食前にコップ半分の豆乳を飲む。バナナは食事内容によって変動。大体一本食べる。

という生活にしてから体が軽い!!!!

そんなにたくさん食べるタイプでは無いけれど、デスクワークのため食べても消費するタイミングが無い。しかも運動は嫌い。大の苦手。ウンドウトカイミワカンナイ。神に運動神経だけ奪われて何も与えられなかった。損害しかねぇな。

 

あとキッツイのがスクワットチャレンジ。スクワットチャレンジってご存知ですか??3日やって1日休むを一ヶ月繰り返すトレーニングなんですけどそのスクワットが毎日5回ずつ増加していくなんとも恐ろしいチャレンジ…

でも一ヶ月続けるとお尻がすごく上がるよ!!なんならスクワットって運動量すごいらしいよ!!!って事で始めたんですけどね。これが効いたのか食事制限が効いたのか、制服のスカートがゆるくなった!!!!

あと絶対お尻も上がったのに誰も私の尻なんぞ気にしちゃいないので何も言われない。ので自己申告している。

 

マッサージは完全自己流でドラッグストアに売ってるようなやっすいクリームを使ってるけど、二の腕の肉は柔らかくなったのであとはトレーニング次第でなんとかなるのでは?と楽観的に構えている。そしてベビーオイルinタイプなのでお肌がめちゃくちゃしっとり。嬉しい誤算。

そしてこのダイエット生活を始める時にかがけた目標は、「職場で5人くらいに痩せたねと言われること」「意味無いことなんかない。小さな事でもやらないよりはマシ」の2つです。

毎日顔を合わせている人に痩せたと言われれば本当に痩せた証拠だな、と思ったので体重は二の次で完全に見た目を先行。まあダイエットすると宣言して働いているので誰かが社交辞令で言うやつはノーカウント。

そしてやらないよりはマシの言葉。夫はよく、「その位のトレーニングじゃ筋肉は付かない」って言うんですけど、0回よりはマシなんですよね。一回でも出来れば自信がついて二回目もできるかもしれないし、二回できたら今度は続けないともったいない気がして三回目に繋がるかもしれないし。

だから出来そうなことはその日1日になってしまったとしても、とりあえずやってみる。

その分のカロリーは消費できるはずだし。とにかく私のダイエットは健康第一思いつめない。ただしできることは全力でする。のスタンスで続けていこうと思います。

なんで終わってないのにブログ書いたかって???

誰かに言っちゃえば続くかなと思って…それが甘いとか言わないで…自担と自分にはゲロ甘で生きてるからさ〜へへへ。

 

 

 

 

ちなみに手放せないほどのお気に入りアイテムになったヘアオイルはこれ

 

 

 

 タオルドライの後に付けなさいって書いてあるけど私は地肌を入念に乾かして、毛先に湿り気が残った状態で使ってます。毛先蘇るので是非使ってみて欲しい。

 

美容オタクの同期ちゃんに「美容室行った?毛先がめっちゃツヤツヤ!!!」とビックリされたのはこっちのアイロン

 

リュミエリーナ ヘアアイロン ヘアビューロン L-type 34.0mm HBRCL-GL

リュミエリーナ ヘアアイロン ヘアビューロン L-type 34.0mm HBRCL-GL

 

 よくわかんないけどツヤツヤでいい感じ(雑)

ただ私には高い買い物だった…でもこれで少しでも綺麗に見えれば本望。

 

そんなわけで今日も、嫌いな豆乳とバナナで頑張っています。(!!!)
絶好調の自分でNEWSに会いに行けるように。
待ってろNEWSちゃん!!!オタク頑張るよ!!!!!!

 

僕たち私たちのリーダー小山慶一郎

※この記事はジャニーズウェブの小山さん連載、メン愛を受けての記事です。

連載記事の転載は禁じられているため、濁したりする部分も多くなりますが、

その記事を見た人にだけわかればいいかな、というスタンスでお送りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9年ぶりに飛天の間に舞い戻ったNEWS。

他のジャニーズグループとは違う、

圧倒的NEWSらしさを存分に披露できたステージだって、私は思ってる。

客席を横切り、新しい衣装を身に纏って

代表曲と新曲を披露。

ここで型にはまりきらないNEWSはなんてカッコいいんだろう。

そう思ってた。

でもその2日後、私はとても困惑していた。

その日更新された小山さん連載“メン愛”を見た時から。

 

長いこと一つのグループを応援してきた私は

“応援しているアイドルがダイレクトにファンに向けて弱音を吐き、決意表明をする”

という場面に今まで遭遇した記憶が無かったから。

 

正直最初は戸惑う気持ちが一番大きかったと思う。

気持ちをどこに持っていけばいいのかさっぱりわからなかった。

「そんなことないよ。」はちょっと違う。

それはそれとして事実であるから。

「頑張れ!」もしっくり来ない。

そんなに簡単に前を向けるほど私の気持ちは軽くは無かったから。

 

どんな風にこの気持ちを処理したらいいのかさっっっぱりわからなかった。

こんな気持ちは初めてだった。

 

私は小山さんが好きだ。

抜群にいいスタイル、

セクシーな目元、

自分が大切に思う人をとっても大切にできるところ、

人を思いやれるところ、

努力家で、キャスターで、

でも時々天然で。

挙げればきりがないくらい彼は魅力に溢れた人。

そして、NEWSの、NEWSのファンみんなのリーダー。

 

全部含めて好きだった。

そこもあそこもここも、全部を受け入れて“好き”をやってた。

でもそんな気持ちを否定された気持ちすら持ってしまった。

私の大好きな小山さんを、あなたが否定しないで。

って。

なんだか悲しくてとてもやりきれなかった。

 

所詮私たちファンは消費者なので、

好きなものに対してお金を払って欲しいものを手にして喜ぶ。

それが自分の思ったものでなければ文句も言う。

気に入れば満足だと声を上げる。

 

その声を大切にするのは、提供する側の人間として当たり前のことなのかもしれない。

 

6人時代の楽曲に比べ、今のNEWSの楽曲は

それに比べて個人の歌割の比率も増え、

キーも圧倒的に高くなり、

複雑なハモラインで構成され、

グループの半数がデュオとして活躍できるほど

“歌えるグループ”として位置付けられている。

それに伴って

実力以上の力を求められているのは事実だ。

 

でも私は、本当は小山さんが歌えるって思ってる。

その技量が今の楽曲にマッチしていないんじゃないかなって。

だって小山さんの下ハモは本当に心地いい。

あの細身のスタイルから繰り出す低く優しく響く声は四人の中では小山さんにしかできないライン。

でもそれだけじゃ、足りない。

足りないと言われてしまう。

私達ファンは、本当は実力を持っていること、知ってしまっているから。

 

バッチリ決まるときだってある。

グループ内で唯一無二の低音を担当できる。

歌以外にもコンサート中のピッタリとハマる煽りや、

ちょっとした隙間にねじ込むオリジナルのリズムに乗せた振り、

文字数ピッタリな替え歌。

私達は知っているんだ。

どんなに魅力的な歌を歌えるのかってこと。

 

だから言ってしまう。

「本当はもっとできるのに」って。

決して多いとは言えないテレビの生放送、生歌のチャンスで、最大限の力を出せるあなた達を見たいから。(歌詞間違えたり、途中で踊らなかったりするのもまじでもったいないぞ!!!!!!!!他G担はその辺きっちり見ていると思うぞ!!!!!もちろん私もね!!!!!!!)(実力はあるのに歌い込み、踊り込みできませんでした感はほんっっとにもったいない。少なくとも私は場慣れしていない感が出ちゃってるNEWSを見ていたから沼に来るのが遅れたし、そー思ってるNEWS担予備軍もいるのでは???)(ま、そー思っているからこそ歌もダンスも決めて自信たっぷりな表情が見られるライブDVDでコロッと落ちるんだけど!!それも戦略だったのか?だとしたら大成功だよ!!!)

生歌が、ライブ感が評価されているのも知ってる。

でもそれはバッチリ決まれば決まるほど、

もっともっと評価されるとも思う。

毎日NEWSを想ってファンをやっているこちらからすれば、

自分たちの知っている最大限の力をテレビで披露する姿を見たいんだ。

そして自慢したい。

「ね?NEWSすごいでしょう?」って。

それは私の自己満足かもしれないけど

やっぱり好きなもの、応援しているものが他者からすごいね、と認められると嬉しい。

だからこそ言いたくなるときってどーしてもある。

本当はもっとすごいのに、もったいない。

ってね。

 

それでも私達はそんな声を上げることしかできない。それがファンのもどかしさでもある。

 

アイドルを応援していくにあたってほとんどは

楽しい、好き、嬉しい

こんなポジティブな感情に包まれていると思う。

それでも応援する時間が長ければ長いほど、

愛情が募れば募るほどに

悔しかったり、腹が立ったり

そんな感情を持つのもまた事実。

 

それでも、

そんな感情を持ちつつも

好きなアイドルが頑張って、笑って、歌って踊ってくれているから私達は活力をもらってる。

アイドル達だって、

NEWSが口に出して言ってくれているように

「ファンが一番大切」。

 

持ちつ持たれつの関係で

こんな風に立ち止まったり悩んだりする日だってある。

 

そんな風に共に登っていく場面にまきこんでくれたこと、ありがたいなってやっと思えた。

 

そー思えたのは、QUARTETTOを見てから。

WHITEが大好きで大好きで、

WHITEに出会えたこと、

WHITEをDVDとして残してくれたことにとても感謝している私。

私の言葉なんかじゃ伝えきれないほどの魅力が満載のWHITE。

だからこそ怖さもあって。

もうWHITEを超えられる作品に出会えないんじゃないかって。

でもQUARTETTOは全く別のものだった。

超える、超えないではなくて新しいNEWSが見せてくれたQUARTETTO

この人達は日々、年々進化し続けている。

そんな風に素直に思えた。

このどんどん進化し続けるNEWSを見つけられて本当に良かった。

 


 ネガティブな気持ちになってしまう日もあるけど、

いつかその景色を見せてくれたとき、

そんな頃もあったよね〜。

って、ファン同士で言い合えたら。

NEWSが連れて行ってくれるその先にもっと心揺さぶられるような感動があったなら。

 

この一件もNEWSの歴史の一つとして語り継がれるんだろう。

それをリアルタイムで目撃できたなんて自分は幸運だったな。

もっと伸びる。

もっとやれる。

本当にそー思ってる。

そしてそれは叶う夢だとも思ってる。

 

だからそんな風に言わないで。

私達はいろんなあなたの歌声を知ってる。

正直伸び代満載だなって思うよ。

でもそこは、プロとして。

もっともっと素晴らしいものを提供して欲しい。

これはプレッシャーではなく、私なりのアイドルへの期待

ワクワクするんだ、NEWSが動き出すと。

きっとまた素晴らしい世界へ連れて行ってくれるんだろうと。

これからの小山慶一郎がもっと素晴らしいアイドルになっていく様子を、

遠くから見守っているよ。

だからもう、そんな風に自分を責めないで。

あなたはやればできる人。

みんながちゃんとわかっているから。

 

 

 

でもな〜〜〜これ以上魅力的になっちゃうといよいよ小山担名乗らなきゃいけないじゃんか〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

あーこまたこまた!!!!!!

増田さんもよろしく頼むよ〜〜!!!!!!

(へらへら)

赤髪の天使地上に迷い込む

ありがとう少年倶楽部プレミアム!!!!

やっぱりお歳暮が必要だね!!?!!?!

NEWS担のお歳暮選択肢に間違いなくギフトカタログがねじ込まれたであろう今日の少プレの話をーーーしようーー

だからこっち向いて!!!!!!

 

 

いっつもいっつも神回の提供ありがとうございます。もうなんとお礼を述べたらいいのかわかりません、なのでもう言いません、心で伝えます。

 

だからいきなりだけど本題へ!!!

おててが美味しそうな増田さんも

膝小僧が愛おしい増田さんも

つなぎ…はぁはぁ…(性癖)な増田さんもぶった切って!!!

私は!!!!

小山さんの話がしたい!!!!!!!(少し落ち着いて…)

 

 

2016年最後の少年倶楽部プレミアム内のミニコーナー(?)

ゲストであるおジャンプちゃん達からクリスマスプレゼントをもらう企画。

後輩からプレゼントもらうってなんだ?

どーでもいいわそんなん。

かわいいからもっとやって!!!!!!!

 

 

 

後輩達からクリスマスプレゼントを貰い、ヤイヤイキャッキャするアラサーアイドルNEWS。

そんな中突然放り込まれたこの一言。

 

伊野尾君『(プレゼントを渡すのは)手越で!』

 

おおおお???

よびすて??(口笛は吹きません)

 

これ、ちゃんとこの辺り勉強してるNEWS担なら常識なのはわかってるんだけど、

手越君入所のタイミングとデビューのタイミングおかしくて先輩後輩関係謎問題

が私の中ではかなり濃くって実は全然把握しきれてない。

 

おジャンプちゃん達の中に数名てごちゃんの先輩がいるのは知ってたけど、誰かまでは把握しきれず。

なので薮君と伊野尾君がてごちゃんより先輩だと聞いても

『ほうほう、なるほどね〜』

と割とサラッと受け止めるのですが、

じゃあなんて呼べばいい??

って話になるわけですよ。

結局のところ

 (´-」-`) 「いや、いいんだけどちょっとザワっとする可能性あるから」

てごちゃん、いのちゃん、薮ちゃんにしよう。

と小山さんからの提案。

 

これがめっちゃ好きだった〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!

( ついでに言っちゃうと大人数のスタッフの前だと手越君って言ったりする薮君超推せる)

岡田、大野間にも見受けられたデビューor入所どちらが先だと先輩なのか問題、

この人達の中ではめちゃくちゃ大事なことらしいってのは学習済み。

まぁそりゃそうか。

仲良しこよしでやってるんじゃないんだからな。

上下関係を大事にしてこそジャニーズだ。

そこは是非そのままでいて欲しい。私が萌え転げたいから。

 

 

でも、でもだよ。

あからさまに後輩(若者)のジャンプが事もあろうに手越さんを呼び捨てにするって、

もし何にも知らない大人が聞いたらそりゃーヒヤッとするわ。

大人達はジャニーズのジュニア期間先輩後輩関係まで把握してないだろうしね。

 

だからって事務所内キャリアが自分より下の後輩をさんorくん付けで呼べ、

というのもジャンプからしたら面白くないだろう。

(手越さん及びジャンプちゃん達はそんな事で目くじら立てたりしないとは思ってるけど)

でも私がなにも知らない人で、後輩に見えてた若者が先輩に見える年長者を呼び捨てで名前呼んだらヒヤッとする。

 

そんな中間をとってあだ名で呼ぶことを提案したのは最年長の小山さんなんだよ。・゜・(ノД`)・゜・。

 

この興奮がどーしたら伝わるのかわからないんだけど、

 

どっちも立てるのがうまいなあって。・゜・(ノД`)・゜・。

(なんならこの中で一番キャリアが長いのは増田さんなんだろうけど今日はその話置いとこ。今小山さんの話がしたいからさ)(自己中)

 

本人達はなんとも思ってないし共通認識だったとしても、どうしてもなにも知らずに見たら、

ジャンプちゃん達が失礼みたいに見えちゃう。

でもそーさせないようにってとこまで小山さんは考えたんじゃないかな。

だって後輩が増田さんをまっすー!って呼ぶより手越さんを手越!って呼ぶ方がなんかアレじゃん?

 

ジャンプちゃん達のジュニア歴の先輩としてのプライドを立てつつ、

なおかつ後輩としてデビューした子達を守り、

 (´-」-`) 「お前先輩の前でどんな態度してんだよ」

って手越さんを一喝しつつ

結局どちらも立てて、

いい方向に話を転がした。

 

うちのリーダーかっこよすぎじゃない…???

 

優しいし気使えて後輩を守って身内にはちょっとだけ身内モード出して下ハモがえっちで←

 

うわ…小山さん大好き…

結婚してくれないならせめて会社の上司になってよ…

 

って打ちひしがれてる時に

 

 

赤髪の天使降臨

 

 

ファーとビジューをあしらった真っ白の衣装でのおうた披露。かわいい。

 

今日は

真冬のナガレボシ

シリウス

の二曲〜〜〜!!!!!!

 

 

 

めっちゃ聞きたかったやつじゃん…

NEWS担首をながーーーくして待ってたやつだよ…

やっぱり少プレは神様だったんだ…どこの神社に祀られてるのか教えて??????

お参りさせて???

 

最高の二曲にかわいいかっこいい天使達。

で、めちゃくちゃえっちな下ハモはさっき後輩達を気にかけていた小山さんですぅぅぅ…

 

初めての4人で歌う真冬のナガレボシ。

ほんとにハモラインがキレイにキマっててうっとりするしかなかったよ…

振り付けもカワイイし〜!!!

こーゆー手だけの振りは小山さんがほんっとに“かっこいいお兄さん”みがすんごくて大好きなやつ。

シゲの歌い方がドンドン色っぽくなってきてるのが最近の悩み。幸せな悩み。語尾抜くところがね…優しくて色っぽくて困ります。

 

シリウスは昨日やっと映像としてみれたんだけどほんっとにこの曲大好き!!

NEWSのハモ技術のいいところ出過ぎ!!

そんなに出しちゃっていいの…??って心配になるくらい。

最初のシゲの上ハモがほんっとにキレイで(シゲは高音も低音も色気がひどいな)、テゴシゲから入るってのが私としては好きと嬉しいがセットで提供されてしょっぱなから胸熱…

だって冷静に考えてみよ?

手越さんにハモってんだよ?シゲが!!!上ハモで!!!!

この字面だけでも胸いっぱいだわ!!!

無いなりにいっぱいなの!!!

そのあとの増田さんのうぉー♩で記憶飛びがちなんだけどね…へへへ…

だってかっこいいじゃん…///

 

 

 

はぁぁぁ途中からとは言え、私も小山さんというリーダーがいるNEWSに付いて行ってやっぱり間違いなかった…

やっぱ夫でも上司でもなくていいや。

ずっとずっとNEWSのリーダーでいて。

それだけ叶えば十分です。

 

小山さんかっこよくてQUARTETTO見ずに少プレリピッちゃったじゃんか!!!

でも悔いはない!!!

そんな少年倶楽部プレミアムでした。

 

 

 

増田貴久の新しいお仕事を決める券の使い道

テレレテッテレー! あめ は 増田貴久 の 新しいお仕事を決める券 を手に入れた! さぁ!どうしますかあめさん!?? しろ

 

って楽しすぎるaskをもらったので記録用にこっちに残しとこうと思ってー!!

 


わーーーいしろさんご質問ありがとうございます!!!
えっお仕事決められる券!?
それは何枚綴りですか?(真顔)
じゃあいくつかプレゼンするんで何に使うか一緒に決めましょう?♡♡♡


CM編

  • おしゃれなイメージをもっと浸透させてしまおう!おしゃれ着洗剤CM!!

リ`▽´ノリ「ホームクリーニングエマール♩」(まっすーボイスで)
〜コンサートMCにて〜
「今回も衣装は僕が担当させていただきました!公演が終わったら
ホームクリーニングエマール♩で洗いまぁ〜す!」ってゼッタイ言うと思う。

 

  • 全編彼女目線のカメラ割りで爆イケ彼氏度を茶の間にお届け!拭き取りクレンジングシートCM!!

疲れてソファに座り込んでしまう彼女に鏡と一緒に持ってきてくれます。拭き取り終わりにカメラに手を添えて
リ`▽´ノリ「うん、やっぱすっぴんもかわいい♡」
うわぁ死ぬ…すっぴんかわいくないけど死ぬ。無駄死に。

 

  • 最近よくこの話するね?もしやCM狙ってる?歯ブラシのCM!!

リ`▽´ノリ「いつまでも、歯を大切にしたいから」(ウェットボイス)もちろん延々と歯を磨く増田さんを堪能するCM。できれば鏡越しに歯磨きしてるところを眺めているってシチュエーションでよろしくです。
後日テゴマスのらじおにて
(´・ш・) 「増田さんもね?歯ブラシのCM決まりまして、俺に超〜オススメしてきたからね!!」
リ`▽´ノリ「いやだから手越はぁ〜いっつもガッシガシ磨くじゃん?だからやわらかめがいいよっつって」(手越さんのブラシ圧が強いかどうかは知らんがな)(そこは“いつも手越の歯磨きを見てるよ”ってゆーさりげないマウンティング久に負けを認めるのが正しい服用方法です)

 

  • 入浴剤のCM

すいません風呂浸かってるところ見たかっただけです!!!
髪の毛ザッと上げて…お風呂の淵に腕をかけて…
リ`▽´ノリ「あぁぁぁ〜」っつって!!!!!
増田担軒並み「ヒィィィィーーーー」っつって。需要と供給がベストマッチ。

 

  • メンズゼクシィ

あえての男の子目線で
(´-」-`) (´・ш・) リ`▽´ノリ(∵)プロポーズを決めたらメンズゼクシィ!!
BGM〜一度きり消えない魔法かけて♩〜
「今月はプロポーズ特集!理想のシチュエーションや婚約指輪の相場を徹底調査!」
(´-」-`) 「一生に一度のことだから」
(´・ш・) 「あなたを世界で一番幸せにしてあげたいから」
リ`▽´ノリ「あなたの喜ぶ顔が見たいから」
(∵)「今日はちゃんと言葉にして言うよ」
(´-」-`) (´・ш・) リ`▽´ノリ(∵)「愛してる、結婚しよう」
婚約指輪を選びに行ったり、レストラン予約したりするシーンもあります。
わぁぁ…結婚して!!!(重婚)


本業編

  • NEWS(もしくはテゴマスでも可)でクリスマスソングを発表

冬の名曲はたくさん持っているNEWSだけどクリスマスにスポットを当てた新曲が欲しい!しかもシングルで!
バラードじゃなくてキラキラしているような誰にでも口ずさめるキャッチーなシングル。
クリスマスデートを想定したフォーマルな衣装で披露される予定。あなたも友達や家族に「NEWSの新曲かわいいね!」「ってかNEWSすごくカッコいいね!」と言われること間違いなし!
その年のケンタッキークリスマスバーレルのCMにも起用されるので一石五鳥くらいの価値があります。(断言)

 

  • テゴマス(もしくはNEWS)で毎週ゲストとコラボする歌番組

少プレ、チカラウタよりもっともっと“いっしょに歌うこと”にスポットを当てた番組。
もちろん演奏は毎回テゴマスバンドの生演奏で、お招きしたアーティストの新曲と、テゴマスとゲストさんが一曲だけコラボした曲を披露してくれます。
というか。
水曜歌謡祭を収録番組として復活させていただければ私の欲は満たされるので正確には“水曜歌謡祭の復活”です!!!
90年代の名曲を増田さんが歌ってるのがとても好きだったのでまた見たいなあ…って個人的な願望。
(てかレコーダーに残したいんや…)

 

  • ものづくり番組orものなおし番組

これはもしかしたら番組としては厳しいものがあるかもしれないのでなにかの番組のコーナーでも可。
もともと手先も器用そうだし、なによりあのセンスを衣装だけで終わらせるのはもったいない!
刺繍をもっと本格的にやってみるもよし、ミニ四駆をガッツリテレビでやってアラサー男子たちから憧れの眼差しを向けられるもよし。
そしてここでのポイントは“ものなおし”でもいいということ。
KAGUYAのメイキングで見られた“小道具の傘の骨組みを眺める増田さん”ってのがとても印象的だったのでその類の工芸品が壊れてしまって…って言う視聴者からの依頼に、職人に弟子入りして直していくって番組。
話も真面目に聞くだろうし真剣な眼差しもゲットできるだろうし細かいものを触るおてて見放題…!!!あのコミュ力なので職人さんとの絡みも期待大。
(それマナブっぽくね?って思いました?私もそー思いました)


雑誌編

  • あえてメンズ雑誌で脱ぐ

これはオットが「まっすーいい体してるなあ〜。肩とかすごいな!?」と言い出したのがことの発端です。
筋トレ好きな男性にウケるまっすーボディを大胆に披露し、男性ファン(及びあっち側のファン)を大々的に獲得する予定。
もちろん増田担も購入するので発行部数は右肩上がり!!!

  • ananで脱ぐ

ってかこれ第一希望のやつ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
なぜか自担がananに出る時は必ず可愛らしいお洋服を着せていただきがちなので、ジャニオタやってる以上一度はananで脱いで欲しい!!!!!!是非とも増田さんに!!!!!!!!!
「かわいい笑顔の下に隠れたオスのカラダ」
「30歳を超えて隠しきれないオトコの色気」
「体の端々から溢れるエロス」
みたいなキャッチコピーガンガン付けてくれぇ〜〜!!!!!!
あっでも絡みは無くて大丈夫です、有能なジャニオタなので増田さん一人で写っててもそこに自分をねじ込む技は取得済みです。
とにかくベッドのカットは必須。
ゴローんって仰向けに寝て腰から下にシーツがかかってて、左腕は広げた状態、右手で自分の目を覆うように隠したカット
仰向けで真正面カメラ目線ニッコリ笑顔、手をこちら側に伸ばしているカット(通称馬乗りショット)
横向きに寝て真顔のカメラ目線で下になった腕をこちらに伸ばし、上になったほうの手でこちらの顔あたりに手を伸ばしてくるカット
うつ伏せに寝て肘をついて上半身を起こしているカット(しかもここは背中側からのカットもあるので肩甲骨、背中、後頭部まで確認可能)(横向きは右側からのカットなので肩と首のほくろを確認し、その腕の中にいるであろう彼女に微笑んだ瞬間のえくぼも摂取)
デニム、上半身裸で水(コーヒーカップでも可)が入ったコップを差し出してくれるカット
そのままの状態でトーストを咥えているカット
できれば全編“休日の朝”っぽく朝日に照らされたスタジオにて撮影してください…
あぁ死ぬ…(もれなくしろさんも死ぬと思う)
こんな感じでいかがでしょうかね…あー楽しかった!!!
で、どれにします????