食わず嫌い記録

NEWSは楽しい、NEWSは幸せ

増田貴久に投票した3つの理由〜ベストジーニスト賞〜

先日2017年のベストジーニスト賞が発表されましたね。

我が自担である増田貴久は6位だったわけですが…。

投票フォームには迷うことなく「増田貴久」と書いて投票しましたが、それは自担であるからと同時に、増田さんがデニムを纏う姿がめちゃくちゃに大好きだから!!!!!!!

しかし、まだイケるはず…きっとまだ増田さんとデニムの魅力に気付いてない人がいるかもしれない…

もし気付いてもらえたら来年はもっと票数を獲得できるのでは…??

と思ったので私がベストジーニスト賞で増田貴久に投票した3つの理由をまとめてみたので読んでみてほしい。例によって大した内容はない

 

重いデニムを着こなすカラダ

まずはこちらをご覧いただきたい。

f:id:AmeAme:20171015225604j:image

私の三大性癖である

  • 重みのあるデニム
  • クラッシュデニム
  • ノンウォッシュデニム(濃い色デニム)

をお召しの増田さんである。
増田さんの体が好きだ。体目当てのオタクだと言われれば反論の余地は無いかもしれない。
特に上半身を圧倒的熱量で愛している。
厚い胸板、しっかりとしたフレームを感じる肩、上半身の面積。
そのしっかりとした上半身にピッタリなのが、重みのあるデニムなのだ。
重みとは物理的な重みである。
年季の入ったメンズのデニムの重みを想像してはのたうちまわるけど、それをサラッと。そう、何の気なしに履いてキマる肉体を持っているのだ。増田さんは。

そしてクラッシュ。ダメージどころではないのだ。「はくたびに破けていくから、次はもうはけなくなるんじゃないかってドキドキしながら(笑)」と本人が言うくらいのダメージを負ったデニムも履いちゃう。
男らしさを隠しきれない膝小僧を惜しげも無く披露してくれる…(時に太もものアレコレまで見せてくれる)
増田さんがデニム好きで良かった…(ひざ下全開よりも丈の長いデニムから覗く膝小僧の方がザクザク来るっていうただの性癖)

そして最後はノンウォッシュ。(これワンウォッシュ?)
クラッシュは、下品になりすぎないけど小綺麗にまとめられた、都会的な近代のおしゃれ
だとしたら
ノンウォッシュは古典的なオシャレだと、私は思う。
そこがたまらない。
デニム元々の色味、重さを上手に乗せられるのが増田さんの体なのだ。
時々見せてくれる細身のデニムは生々しいトキメキを与えてくれるし
デニムのジャケットも驚くほど似合う。

つまりすごくデニムが似合うってこと!!!!!!!!!

 

増田貴久デザインのステージ衣装

増田さんはステージ衣装でも全面的にデニムを取り入れた実績がある。
2016年のツアー、QUARTETTOだ。
コンサート中盤、ピンクのスウェットに、ダメージのサルエルデニム、サングラス、と万が一街中ですれ違う時は相当距離を取ってしまいそうなビジュアルで自身のソロ曲であるLIS'Nを気持ちよく歌い上げた後、一旦はけたのちにNEWS4人揃って登場。それがこちら。

f:id:AmeAme:20171015230020j:image

 金で買える幸せことTouchのイントロの後でてきた4人の圧倒的なかわいさ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
だって見てこれ!!!デニムのセットアップで!!!!死ぬほど可愛いのに更にこれ!!

f:id:AmeAme:20171015230115j:image

お分りいただけるであろうか…
4人ともデニムonデニムってだけでデザインがまるで違うのだ。

自身も語る通り、デニムは光を吸ってしまうのでステージ衣装には向いていないらしい。

そこにラインストーンやハトメ、スタッズをふんだんにあしらい、ステージ衣装として完成させたその意気込みがほんとに最高…!!
我らがリーダー小山慶一郎はオタクでも新鮮に驚くほどに長い手足を所持している。
時々足が絡まるのでは…??と不安になるのだが今のところその場面には遭遇していない。(2017.10現在)
そんな小山慶一郎のスタイルをひとっっっつも殺さずに細身のロングジャケットを仕立て、肌を出しすぎないダメージデニムを履かせたのは何を隠そう増田貴久なのである。
プロじゃん。増田プロ。
そしてグループ内では小ぶりで可愛らしい体つきの手越祐也
ただ、アイドルじゃなかったらきっと今頃サッカー選手だったので可愛い顔面からはおよそ検討もつかないほどムキムキのあんよをお持ちである。
そんな手越祐也の可愛さを全面に押し出したのはジャケットのサイズ感とフード(ツアーグッズのバンダナが裏地にあしらわれているオタク心を撃ち抜くシロモノ)で間違い無いと踏んでいる。
太ももの太さに全てを合わせるとジャケットはもっと大きくなってしまいそうだけどコンパクト、かつキュートにまとまるんだよなあ〜〜〜!!!
あ〜もう最高!!増田プロ最高!!天才!!大好き!!!あとテゴちゃんは顔が最強にかわいい!!!!!!!!!!!!!
そして加藤シゲアキ。生で見るとね、シゲってすんごい顔ちっちゃいんですよ。「は!?シゲ顔ちっちゃ!!!あと顔面が綺麗すぎ!!!!!」ってなるんですけどね???
本人も気を使っているらしく、太りやすいと言うか、決して華奢では無いんですよ。
そもそも、増田さんの横にいるから気付きにくいだけで割としっかりした体つき。胸板もあるし。(癖)
今回のツアーNEVERLANDでもそうだったように、増田さん、シゲに大きめのコート着せがち。最高。
NEWSの中で大きめのロングコートが一番似合うのって間違いなくシゲなんだろうな〜っていつも思う。増田さんも連載でロングコート着るし、ただのかっこいいお兄さんになっちゃうからいつも薄目でしか見れないんだけど、シゲが隣にいるなら話は別。
シゲマス並んだ時にシゲの方が身長あるから私なら長いもの着せたくなっちゃう。そしてオーバーサイズが一番似合うのは何を隠そう増田さんなので、この衣装が繰り返されるのは自然の摂理なのだ。
そんな増田さんはオーバーサイズのクラッシュもりもりGジャンに、ダメージのサルエルデニムをお召しである。
そう、なぜ冒頭で私はわざわざソロ曲の話をしたのか。それは次の章でじっくりと…

因みにこちらの衣装はNEWSの最新コンサート映像のQUARTETTOに収録されているのでまだ見たことのない人は今すぐ買ってほしい(素直すぎ)

 

 

 

 

柔軟なデニムの使い方

ソロ曲でもデニムを履いた。次のポーズもデニムだった。増田さんが天才スタイリストと言われる所以はここにある。

こちらがTouchの一曲前、増田さんのソロ曲LIS'Nの衣装。

f:id:AmeAme:20171015230306p:image

f:id:AmeAme:20171015231842p:image

このデニムとブーツ、見たことがありますね??
そう、これは次のポーズへの序章であり、ソロ曲の衣装なのだ…
増田さんの作る衣装は最高だ。何がどう最高なのか話し始めると結論にたどり着かないので一旦置いておくけど、衣装1着を見るよりもコンサート全編通して見るのが一番楽しい。NEWS4人の体型に絶妙にマッチするサイズ感だったり、バラバラな衣装なのに統一感がある意外性だったり…そして着回し。
この光景、NEWSのツアーでは割とお馴染みの見せ方になりつつあるのだけど、さっきの衣装同じアイテムなのに印象が全然違う!!ってゆーのに気付けた時の嬉しさったら無いんですよ…
自担の脳内を少しだけ垣間見たようなドキドキと、こんな素晴らしい発想を持つ自担への感動と、その衣装の出来栄えに胸がいっぱいになるのです…
限られた衣装を着回してまるで違う表情を見せてくれるコンサートを初めて目の当たりにしたので、これは本当に素晴らしいと思う。
コンサート中にデニムを着回す増田さん、恐れ入りますが最高の自担。
そして現在増田さんは女性ファッション誌であるminaで私服の連載をさせていただいている。これ、毎月私服のかっこいい自担が拝める最強雑誌なのは間違い無いんだけどテキストに散りばめられてるエサがとても価値あるワードだったりする。
私服連載なので具体的なブランド名も結構出たりするんだけど、私は「なぜこのスタイリングにしたのか」を数行分話してくれるのがすごく好き。
特に好きなのはこの下駄回

f:id:AmeAme:20171015230418j:image

テキストを一部抜粋すると

下駄を履くならボリュームのあるシルエットのものが合いそうだなと思って、古着のラルフローレンのガウンを手に取って、即メインが決定。インナーは同じラックにかけてあったエプロンがふと目に入って合わせてみたら意外としっくりきた、っていう感じ。
(中略)
デニムだけはかなり細身をチョイスして、メリハリを意識。これがひきしめ役に効いてるなって思います。

見た?ねえ読んだ?
“下駄”ってのはおしゃれイズムロケin京都で作った下駄のことなんですけどね、番組の企画で作った下駄を自分の連載で履いて見せてくれるってそのサービス精神と言うかモノに対する意識とか最高じゃん、それに加えてテレビのロケでアイドルが作りにきた下駄を本当に履いてたらロケ先で一緒に鼻緒を選んでくれたお母さんは絶対に嬉しいと思いませんか??そーゆー人に好かれそうなところとか人との距離の取り方詰め方がもうひたすらに大好きなんですよねこの一文から拾える私の愛情伝わりますかね!!!???(ここまで一息)
その下駄に合わせたのがガウン+エプロン+細身のデニムなわけですよ…もうね…TENSAIなんですよ…(虫の息)
細身のデニムを引き立て役として使ったり、連載のテーマを“DENIM”にしてGジャンにキレイ目なシャツを合わせたり
“男らしさ”を意識して履けなくなるかもしれないリスクを冒してまで大切なブラックデニムを見せてくれたり…

これって愛だなあって思う。

きっと今後もたくさんの増田さんのデニムが登場するし来月は3周年記念の企画を実施していただけるらしいのでminaは毎月の購入がオススメ!!!!!

 

mina(ミーナ) 2017年 12 月号

mina(ミーナ) 2017年 12 月号

 

 

 

ここまで書いたし、読んでもらえたかもしれないけど、頼むから投票してくれなんて一ミリも思ってなくて、ただ意外と増田さんてデニム好きだと思うよってことを言いたかっただけ。

私の好きな、デニムが好きな増田さんが誰かに伝わったら嬉しいな〜

 

Best-Jeanist ベストジーニスト - 日本ジーンズ協議会公式サイト

 

 

ちゃっかり2018年度の投票フォームのリンクを貼ったのはただ手が滑っただけです!!!

 

来年は今年より3万票位多く投票されますように〜!!!!!!